Law−Japan 司法書士法人 関根事務所

 ホーム  |  不動産に関する登記  |  会社関連の登記  |  お問い合せ・お申し込み  |  司法書士法人関根事務所  |  Q&A  |  ソフトウェア  |
 根・抵当権抹消登記  |  相続登記  |  離婚に関す登記  |  売買に関する登記  |  贈与に関する登記  |  遺言 
 会社設立登記  |  本店移転・支店移転登記  |  役員変更  |  増資・新株発行  |  外国会社の登記  |  商号・目的変更登記 
   お申込    |   お問い合せ   |   Law-Japan加盟申込   |   関根事務所採用求人申込   |
 事務所概要  |  所在地  |  業務内容  |  営業時間  |  求人広告・求人募集  |  特定商取引法に基づく表示  |  地図  |
 不動産に関する登記・税金  |  遺言  |  会社関連の登記  |  後見人選任  |  その他裁判事務  |
  不動産取得税自動計算ソフトウェア   |   固定資産税・都市計画税 日割自動計算   |

Q&A不動産のその他一般

  1. 妻に不動産の持分を持たせたいが、法的な規制や税金などを知りたい
  2. 登記費用はいくらですか?

妻に不動産の持分を持たせたいが、法的な規制や税金などを知りたい

所有権が譲渡される契約内容等により判断が異なります。
主なものに下記のような登記原因があります。
1 売買
2 贈与
3 財産分与(離婚の場合)
4 交換

法令上の判断については、具体的な資料をいただけないとお答えできません。
1 登記原因をお知らせいただき、
2 不動産の登記簿謄本をFAXやメール、郵送
3 不動産の評価証明書をFAXやメール、郵送
例、不動産が農地の場合などは、農地法の許可が必要となる場合があります。

税金に関しては、下記のとおりとなります。

売買の場合
売買価格が実勢価格と異なる場合、
たとえば、1億円の不動産を1円で売買する場合など
その差額が贈与と認定され、贈与税の対象となる場合があります。

贈与の場合
贈与税の対象となりますので、税務署や税理士にお問い合せ下さい。
夫婦間贈与についてはこちらをご確認下さい。

財産分与の場合
婚姻期間が非常に短いにもかかわらず、高額の財産分与は、贈与の対象となる場合があります。
税務署や税理士にお問い合せ下さい。

交換の場合
等価交換による減税などケースによります。
税務署や税理士にお問い合せ下さい。

税務相談に関しては、税理士をご紹介することは可能ですが、税理士の報酬として相談料がかか りますし、
正確な資料がなければ、税理士も正確なお答えはできません。

 

 

 

 

登記費用はいくらですか?(登録免許税はいくらぐらいですか?)

権利の移転、担保設定などは、不動産の評価額により司法書士報酬も登録免許税も異なります。
抵当権抹消や所有者の住所変更などは、不動産の数によって登録免許税が異なります。
したがいまして、不動産の評価額や不動産の数が不明ですと、司法書士報酬や登録免許税が計算できません。
資料の送付をお願いします。
当事務所では、登記費用自動見積計算システムを導入しております。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







  司法書士法人関根事務所 | Map | ©2005 Delphi