index1a.jpg
売買登記
 創業 27年目の実績
司法書士法人
関根事務所

曜日・曜日・日も
休まず営業

営業時間 (時間外はご予約でご対応))

月曜日・木曜日・金曜日
午前9時~午後8時

火曜日・水曜日・土曜日・日曜日
午前9時~午後6時

【御来所の際は事前にお電話を】
(月末など全員外出する場合があります。)


登記にミスがあれば司法書士は賠償責任を負います

 登記書類を確認し買主様へ「所有権移転登記できる」と司法書士が保証することで買主様が売主様へ売買代金のお支払いをしていただきます。
 万が一、司法書士の確認ミスで所有権移転登記ができず不動産の支払い代金が戻らない場合、司法書士は賠償責任を負います。
 お客様の購入不動産価格5,000万円の場合で、司法書士の過失割合7割を想定しますと3,500万円の賠償額となります。
 賠償責任を自覚せず質の悪い業務をする司法書士に「登記にミスがあった場合、登記の報酬を返金します」などの宣伝をする司法書士がいます。
 当然ですが数万円の報酬の返金などで許されるわけがありません。
 不動産の価格のトラブルは人生が壊れる金額です。絶対にミスは許されません。
 不動産購入者のお客様が代金をだまし取られ、不動産の所有権を取得できず、銀行に借金だけが残り、何十年も借金を支払い続けることは絶対にあってはなりません。
 司法書士法人関根事務所は、賠償リスクを自覚し完全な業務で創業 27年の実績があります。それでも、万が一に備え、高額な一棟ビルの依頼にも備え24億8,000万円の損害賠償保険に加入しております。
 賠償リスク(価格)が何十倍違っても同一料金の事務所もありますが、賠償リスクに対処した業務か確認しましょう。



特殊な技術の安全な不動産取引

ご高齢者の意思確認は限界ギリギリまで取引の可能性をさぐり踏み込みますが
本人確認においては不動産詐欺防止のための徹底した偽造書類の分析を行います。

■ 権利証の印判の印影を特殊アプリの特殊カメラで偽造かどうか判別。
  司法書士が自らプログラムを書いて開発した日本で唯一のシステムです。

■ 身分証明書の中のICチップをプログラムが本物かどうか判定。
 司法書士が自らプログラミング開発 最新マイナンバーも対応。(暗証番号等一切不要)

当事務所では司法書士が不動産詐欺防止のために高度な技術を持って全力で対応いたします。

※ ホームページに不動産詐欺の技法だけを掲載して一切の対処方法の記載のない司法書士事務所のホームページばかりです。
不動産詐欺手口の評論だけでは対処できません。

私たちは 下記のような低レベルの業務はいたしません。

 権利書をながめて「権利証と登記簿の受付番号・日付があっているから本物らしい。仕事完了。」
不動産仲介の方や金融機関の方と同じ事をしているだけで
何か特別なことをやっておりません。
このような司法書士へ
「先生、権利書があってますか」との質問すると
「大丈夫です。これが権利証です。」
と何か特別なことをしているように自信ありげな回答をします。
しかし、まったく技術を必要としない誰でもできることしかしていません。

 自動車運転免許証をながめて
「なんとなく本物らしい。コピーを取って仕事完了。」
本人確認といってもコピーを取る以外に何もしていません。
司法書士は本人確認が必要と言いますが、
ほとんどの司法書士が身分証明書を検証することもなくただコピーを取るだけです。

※ 個人事務所から大規模司法書士法人までほとんどの司法書士が上記の業務です。

※ 当事務所はレベルの高い業務を提供いたします。お客様を裏切りません。



基本を守る丁寧な確認作業

不動産の残金決済取引の当日の朝に登記簿の確認して差押など想定外の登記が入っていないかチェックをしています。
独り開業の司法書士では確認するスタッフがいないことがあります。
不動産取引の際に売り主様から書類が渡され、その書類が問題なければ、買主様から代金をお支払いいただきます。
売主様の登記識別情報(番号)が本物かどうか事務所に常駐しているスタッフへ登記識別情報(番号)をemailで送り、事務所に常駐するスタッフがPCオンラインで法務局に確認を取ります。
必ず識別情報の番号があっているか確認を取り買主様へ売買代金のお支払いをしていただいております。
独り開業の司法書士では事務所でPC操作するスタッフがおりません。
登記識別情報の番号確認を一切せずに書類の確認が完了したというデタラメな司法書士もいます。
債務整理業務だけをしていて権利証をみたことがない司法書士が存在します。
相続登記専門という事務所で売買登記の経験のない司法書士もおります。
当事務所では 創業 27年目の経験・実績をもってスタッフの研修教育をしております。

万が一のための高額な損害賠償保険に加入

当事務所では24億8,000万円の損害賠償保険に加入しております。
損害賠償保険に未加入だったり、不動産取引価格以下の損害賠償保険にしか加入をしていない司法書士もいます。金額をご確認ください。保険証書のFAXなどもらいましょう。
司法書士のリスク管理業務は必ずしも同レベルではありません。
安かろう悪かろうの業務の司法書士を信じて数千万円・数億円の売買代金の支払いは非常に危険です。





誰だか不明の登記が100年放置

100年前の所有権仮登記・買戻権などが放置され居所不明で委任状が取得できない案件
他の司法書士が投げ出すような事案も解決いたします。



全員が司法書士(無資格者はおりません)

 法令知識のない無資格スタッフは一切おりません。
 当事務所では、司法書士資格の無い者が法的な説明・対応をすることはありません。
 当事務所の全スタッフが司法書士です。司法書士が責任を持って対応いたします。
当事務所の司法書士メンバーはこちら



女性司法書士5名在籍

 女性のお客様のお気持ちになり対応できる女性司法書士が多くおります。
 オフィスも土足で入室の一般的なオフィスです。(車椅子も可能なバリアフリーになっております。)
 個人事務所の男性司法書士が賃貸マンション(風呂付)の1室で開業している事務所とは違います。
 女性のお客様が安心して御来所いただけるオフィスビルです。
 不動産仲介の方も、あらゆるお客様を安心してご紹介いただけます。

当事務所の司法書士メンバーはこちら



司法書士1名の個人事務所とは違います。

 司法書士法人で複数司法書士が在籍しております。
 司法書士1名が交通事故・体調不良等、突然の廃業などの消滅のリスクがなく、安心してご依頼いただけます。
 司法書士法人は、法人格がありますので責任の所在が明瞭です。永続性のある組織です
 ホームページに司法書士の名前が1名しかいない事務所や、スタッフ名の記載が一切無いなどは司法書士1名だけしかいない個人事務所でしょう。

当事務所の司法書士メンバーはこちら



創業 27年目の経験・実績があります。

経験の浅い司法書士より高度なアドバイスをいたします。
他の司法書士が投げ出すような案件も解決いたします。



本店所在地

司法書士法人 法人番号 12-00033
〒213‐0001
神奈川県川崎市高津区溝口二丁目14番3号
              MSビル5階
TEL 044-844-6400(代)
FAX 044-844-6433
東急田園都市線 溝ノ口から駅徒歩2分
JR南武線武蔵溝口駅から徒歩3分

渋谷から東急田園都市線で13分
大手町から東急田園都市線で28分
川崎駅からJR南武線で22分
横浜駅からJR南武線・東急東横線で28分

お電話の際にはインターネットでみましたと一言お伝え下さい。対応がスムーズとなります。

→事務所 所在地 地図



お申込段階で料金は発生しません。

お申込をいただいていも料金は発生しません。
お申込から打ち合わせがはじまります。
①当事務所へ資料などを送信していただきます。
②お見積もりをさせていただきます。
③日程調整をさせていただきます。
(当事務所が予約でいっぱいの日程ですとお断りさせて頂くことがあります。)

その後、お客様がご納得した場合にご依頼を決定して下さい。